スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<人事>毎日新聞中四国印刷(毎日新聞)

 ◇毎日新聞中四国印刷(11日)

 常務(取締役)宮本利秋▽取締役 高速オフセット専務取締役奥田千代太郎、スポーツニッポン新聞社取締役森本康夫▽退任 常務岸本充弘、取締役秋山文一、堀省三

<悪ふざけ>消防士長、AED胸にあて携帯で動画撮影 戒告処分に(毎日新聞)
世帯収支赤字38%、失業の不安23%…連合調査(読売新聞)
10人不明の漁船沈没事故、船内で2遺体発見(読売新聞)
「業務範囲の見直し」で講演やシンポ―看護師職能集会(医療介護CBニュース)
<参院選>安倍元首相らが民主の単独過半数阻止で連携(毎日新聞)
スポンサーサイト

庄野真代、路上ライブに演説、菅夫妻とのトリオ歌唱希望(スポーツ報知)

 参院選に民主党比例代表で出馬する、歌手の庄野真代(55)が5日、東京・渋谷区のJR原宿駅近くで路上ライブ兼街頭演説を行った。ヒット曲「飛んでイスタンブール」や、77年にカバーした「中央フリーウェイ」などを披露。尾骨にひびが入っている緊急事態にも関わらず「環境、音楽、ボランティア」への取り組みについて演説した。

 「飛んで―」の、鳩山由紀夫首相(63)との路上デュエットを提案していたが、まさかの首相交代。しかしNPO設立などで市民運動を続けてきたため、市民活動家出身の菅直人新首相(63)には期待。菅氏に加え「奥さん(伸子夫人)も一緒に」と、夫妻とのトリオ歌唱を希望した。

 【関連記事】
民主党比例代表・庄野真代…蓮舫さんと仕分け人やりたい!
菅新首相、枝野幹事長を内定 消費者行政・少子化担当相には蓮舫氏
菅氏装うツイッター、民主党「本人とは何ら関係がない」
桂きん枝、「切り札登場や」…菅新首相誕生
民主党 比例代表 庄野真代 を調べる

首相動静(6月4日)(時事通信)
<天皇陛下>発熱など風邪の症状(毎日新聞)
民主代表選 菅氏を岡田・前原氏が支持 樽床氏と一騎打ち(毎日新聞)
運転士がトイレで離席、回送列車40m動く(読売新聞)
<鳩山首相退陣>「捜査の影響分からない」 法務・検察幹部(毎日新聞)

「罷免するぞ」、福島氏に又市氏ら決着迫る(読売新聞)

 社民党が27日夜、国会内で開いた拡大三役会議は、政府の対処方針の扱いをめぐって紛糾し、激しい応酬が約2時間続いた。

 対処方針の受け入れを拒否する党首の福島消費者相に対し、重野幹事長や又市征治副党首、阿部知子政審会長らが早期決着を激しく迫る構図となった。

 「党首の責任を果たしていない。このままなら罷免するぞ」

 又市氏は党首の「解任」をちらつかせた。それでも福島氏は「対処方針にはサインはしない」と、譲歩しなかった。社民党が「分裂含み」に陥った背景には執行部内の根深い対立がある。

 福島氏は普天間問題での徹底抗戦が党の存在感を高め、夏の参院選でも有利になるとみている一方、又市氏らは連立政権に極力亀裂を入れないことを最優先してきた。

 福島氏が参院選で改選期を迎え、比例選での3選を目指すことも双方の感情的対立の一因となっている。執行部内に「福島氏の行動は自らの選挙向けだ」(党幹部)といった不信感があるからだ。

 拡大三役会議では、「選挙であなた一人が生き残れば良いのか」「民主党と選挙協力をしている社民党候補が討ち死にして良いのか」などの罵声(ばせい)も福島氏に浴びせられた。

 社民党は27日午前の常任幹事会で、日米共同文書に移設先として沖縄県名護市「辺野古」と明記された場合、福島氏が閣議で対処方針への署名を拒否する方針を決めた。社民党の結束を示すことで政府に譲歩を迫るものだったが、この機関決定に縛られ、身動きが取れない状態となっている。

 福島氏は、日米共同文書から「辺野古移設」を外すことや文書の先送りに照準を合わせている。

 鳩山首相や平野官房長官は社民党に譲歩し、対処方針からは「辺野古」の地名を外し、「県外・国外移設の方針」も盛り込んだ。

 福島氏としては、政府の譲歩姿勢に意を強くして、ハードルを上げている面もあるようだ。「日米共同文書を変更させる可能性がある限りは、譲歩してはいけないと考えている」(福島氏周辺)というわけだ。

 一方、与党内の調整も不調に終わった。

 27日の社民、国民新両党の幹部会談は、国民新党による福島氏の説得に時間が費やされた。

 国民新党の下地幹郎・国会対策委員長は「対処方針に、『県外・国外移設』を目指すと盛り込まれれば、沖縄にとっても歴史的なことだ」と説き、党代表の亀井金融相も「政権から離れたら、沖縄のために働けないぞ」と強調した。だが、福島氏は「サインしない。社民党として機関決定したのだから」と拒否した。

 民主党執行部も懸念を深めている。輿石参院議員会長は27日の記者会見で「誰一人(社民党に)連立を離れてもらいたいと思っていない」と強調したが、具体的な手だてはない。

 政府・与党は28日中の最終決着を目指し、鳩山首相と福島、亀井両氏による与党3党首会談に続いて、閣議を開いて、対処方針を決めたい考えだ。政府内では対処方針を閣僚の署名抜きの「首相発言」とし、福島氏が「辺野古移設を明記した日米合意は認めていない」と主張する余地を残すことを模索している。

 ただ、社民党内の対立が激化する中、「福島氏の暴走は誰も止められない」として、不測の事態を予想する向きもある。

船が座礁、2人心肺停止=宮崎(時事通信)
郵便不正・村木公判 最後のヤマ場、調書の採否を決定へ(産経新聞)
未婚・世間体・不倫…赤ちゃんポストに年15人(読売新聞)
ウイルス詐欺「アダルトゲームだましやすい」(読売新聞)
口蹄疫 農水相が対応謝罪 ワクチン接種9割終了へ(産経新聞)

将棋元名人に餌やり中止命令=集合住宅野良猫訴訟―東京地裁支部(時事通信)

 プロ将棋棋士元名人の加藤一二三さん(70)が自宅の集合住宅で野良猫に餌を与え、悪臭などの苦痛を受けたとして、管理組合と住民が餌やりの中止と損害賠償を求めた訴訟の判決が13日、東京地裁立川支部であった。市川正巳裁判長は「猫に段ボール箱を与えるなど飼育の域まで達し、汚れや異臭などさまざまな被害を与えており、管理規約に違反することは明らか」として、住宅敷地内での餌やり中止と計約200万円の賠償を命じた。
 判決によると、加藤さんは東京都三鷹市の庭付き2階建てのテラスハウス型集合住宅に居住。2002年以前から猫に餌やりを始め、住宅周辺に現れる猫が18匹に達した時期もあった。住民の洗濯物に異臭が付いたり、庭の芝が枯れたりしたため、管理組合側は餌やりの中止を求めたが、受け入れられなかった。 

【関連ニュース】
元名人に中止命じる=集合住宅の猫餌やり訴訟
羽生が3連勝で「王手」=将棋名人戦
「もう一花、全盛期の将棋を」=旭日双光章の内藤国雄さん
羽生が2連勝=将棋名人戦
羽生が先勝=将棋名人戦

<普天間移設>「ヘリ訓練、北海道でも」鈴木宗男氏(毎日新聞)
<脅迫>小学校に包丁1本と警告文送られる 東京都江戸川区(毎日新聞)
元教官、二審は執行猶予=少年院の収容者暴行-広島高裁(時事通信)
普天間移設 官房長官、徳之島町議と会談 「負担の分担」要請(産経新聞)
<宇宙の種>地球帰還後に所在不明 日本の会社が依頼(毎日新聞)

法人税滞納、産廃業者を逮捕=資産隠し容疑-大阪地検(時事通信)

 法人税滞納による差し押さえを免れるため会社の資産を隠したとして、大阪地検特捜部は12日、国税徴収法違反(滞納処分免税)容疑で、産業廃棄物処理会社「コスモスクリーンサービス」(大阪市城東区)の実質経営者岩本貢容疑者(64)と経理担当堂田陞八容疑者(62)を逮捕した。
 特捜部によると、いずれも容疑を認めているという。
 逮捕容疑によると、岩本容疑者らは同社の売上金の差し押さえを免れるため、2008年11月以降、売上金の振込先を同社から関連会社名義の預金口座に変えるなどして、計約8400万円を隠した疑い。 

【関連ニュース】
強盗殺人罪、男に無期懲役=仮釈放で慎重運用要請
桑名市課長、詐欺で逮捕=架空投資話で4000万円
工場跡地洗浄めぐり3000万=筑波大教授かたる
産廃投棄、メーカー課長も逮捕=無許可業者に依頼容疑
ミサワホーム創業者など所得隠し=株売却の8億円指摘

代理ミュンヒハウゼン症候群、最長の裁判員裁判に(読売新聞)
<トキ>卵がまたカラスに奪われる 残りの卵がまだ存在か(毎日新聞)
湯浅氏、再び内閣府参与に(時事通信)
米大統領との会談内容説明=首相(時事通信)
普天間移設決着「5月末は変えない」 鳩山首相が強調(産経新聞)
プロフィール

よねだしげる

Author:よねだしげる
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。